2015年09月12日

「ベータじゃない」DaVici Resolve 12登場

「ベータじゃない」DaVici Resolve 12登場 その1
ついにβの取れたDaVinci Resolve 12。

僕も大好きBlackmagicさんからリリースされているカラコレツールの「DaVinci Resolve」もバージョンが12になって久しい。とはいっても実はパブリックβというカタチでリリースされていたので、その利用によってトラブルが起きても自己責任でねっていうBlackmagicさんのスタンスで、それがいよいよ正式版としてリリースされたっていうワケ。

バージョン11のままでいた僕もベータでなくなったんなら入れてみようと思いさっそくインストール。アプリアイコンの色がこってりと濃くなり起動時のスプラッシュスクリーンも派手に。そして肝心のインターフェースは結構変わって今風なシンプルっぽいものに変わっている。


今回のアップデートでは当たり前のことだけど色々と改良されている。けど、その中で僕が最も注目しているポイントが「H.264などの圧縮された素材に対してもGPUアクセラレーションが効くようになっている」というところ。これまではProResなんかのでっかいデータにしかGPUアクセラレーションが効かなかったもんだからちゃんとDaVinciでカラコレやろうとする時はCompressorなんかでProResにトランスコードしてたんだけど、今回のバージョンからはもしかしてそれが不要になるんじゃないかと期待していた。

「ベータじゃない」DaVici Resolve 12登場 その2
DSC-RX10Uで撮影したオリジナル素材。一見空のトーンが飛んでるように見える。

インストール後すぐにRX10UのS-log2で撮影した素材を放り込んでちょちょいと弄ってみたんだけど、使って10秒でその違いに驚かされた。

これまではRX10Uで撮影した4K素材をDaVinciで再生させるとノードを弄っていない状態ですら動きがカックカク、多分0.5fpsくらいで全く実用に耐えなかったのに、それがバージョン12では30fps!ちょっとカクつく時もあるけどノードを弄らなければ結構滑らかに再生できる。

「ベータじゃない」DaVici Resolve 12登場 その3
これがグレーディング後。空のトーンが驚くほど残っていることにもビックリ。

ただ、ProResなんかの素材と比べたらやっぱりスムースさに欠けるんでPremireやFinal Cut Pro Xみたいに気軽に利用できるワケじゃないけどこれはメチャクチャ大きな前進、使い勝手が劇的に向上している。


最期に、Sony DSC-RX10M2のダイナミックレンジの広さにも驚いた。大地と空、この両方のトーンをきちんと残している圧縮素材なんて今まで経験したことないよ・・・。2015年現在、僕の財政状況でこれ以上を望むのは無理だなって、素直に思えるほど高画質。イッツ・グレイトジョブ、ソニー!!


【補足】僕の使っているDaVinciは無償版なんでシングルGPUしか利用できない(Fire Pro D7002基も積んでるのに)。これが有償版だったらデュアルGPUで全てがヌルヌル動作になっているハズ!
posted by オーミネ at 21:50| Comment(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

「DaVinci Resolve12 パブリック・ベータ」、出たよ

「DaVinci Resolve12 パブリック・ベータ」、出たよ その1
7月も終盤に差し掛かって、いよいよ登場。

7月に出ると言われていた「DaVinci Resolve12 パブリック・ベータ」がようやく登場。
何がどう変わったのかなんて、これまでのバージョンを全く使いこなせていなかった僕が言うのははばかれるのでノーコメント。とりあえずベータ版なんて恐くて使えない臆病な僕はベータが取れたあたりで導入してみるつもり。

個人的にはDaVinci Resolveには凄く期待していて、カラーコレクションツールとしてだけでなくPremiereの代替アプリとして成長してくれることを期待している。現行バージョンの11ではその前のバージョンに比べてH.264で圧縮された素材に対しても良好なパフォーマンスを発揮したのもライトユーザーを取り込むべく圧縮データの扱いを改善してきたと勝手に捉えていて、そういう意味でも新バージョンのパフォーマンスに期待せずにはいられない。

ところで、このバージョンから名称がちょっと変わってLiteがなくなり、それに該当するグレードが「DaVinci Resolve」、有償版が「DaVinci Resolve Studio」になっている。これはFusionのネーミングルールに合わせたものらしい。あと早くFusion8リリースしてくださいホント。
posted by オーミネ at 20:19| Comment(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

Affinity Designer買っちゃった

Affinity Designer買っちゃった その1
Affinity Photo凄過ぎってんで続けざまに購入したAffinity Desiger。

先日購入したばかりの「Affinity Photo」。そのあまりの素晴らしさにAffnity Designerもほしいなあ〜なんて考えていたら現在セール中でお安いらしいってんでやっぱり買ってしまった。

使ってみてのファーストインプレッションとしては「やっぱり速い。だけどAffinity Photoと違って少しカクツキが感じられる」といった具合。とりあえず高速に動くけどちょっと引っ掛かりを感じたりするのでまだまだ最適化の余地はありそう。それでもやっぱりIllustratorよりも良さげ。もっと使い込んで色々とデータを集めないといけない。
posted by オーミネ at 22:11| Comment(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

噂の写真加工アプリ『Affinity Photo』、購入

噂の写真加工アプリ『Affinity Photo』、購入 その1
Affnity Photo(アフィニティ・フォト)のアプリアイコン。カッコイイ

先日購入した4Kモニター。作業空間が広がって制作業務だけでなく調べものなんかの効率も上がって万万歳、と思っていたんだけど一部アプリにおいてパフォーマンスの低下が目立っていた。

ここらへんはいつか番組で話をするなり動画としてお見せできればいいかなとは思うんだけど、主に該当するアプリはPhotoshopとAuditionとIllustrator。特にIllustratorはただでさえ遅いのにその2〜4倍ほども遅くなってしまって使い物にならない。最新版でGPUアクセラレーションを使えば快適になるけどバグだらけでとても使えるモノではないためフラストレーションをため込んでいたのがここ数日。


そんな折、ふと覗いたMac App Storeで見かけたAffinity Photo。同じシリーズでIllustratorの対抗馬であるAffinity Designerを前から知っている僕としてはこのアプリの高速性が気になり気がつけば購入。
Affinity Designerも悩んだけどそう気楽にIllustratorの代わりにはならないことくらい理解しているのでひとまずガマン、インストールしたAffinity Photoをいきなり実戦(web制作案件)に投入して検証している。

ちょっとしたところ、例えばマスクの使い方なんかには戸惑いがあるものの全体としての感想で言えば大満足。
モダンな作りもそうだけど、特に速度が物凄く速い。ブラシの遅延もPhotoshopと違い超高速。ブラシサイズをどんなに大きくしても遅延がほとんど起こらず快適だしその他全てがとにかくケタ違いに速い。鉛筆の筆跡をエミュレートしたブラシがあってその描き味も結構気に入っているし、もう普段のお絵描きでPhotoshopを使うことはなさそう。


久々にインパクトのあるアプリに出会えたなと思うけど、この凄さは実際の使用動画を作った方がイイと考え現在鋭意製作中。期待して待て!
posted by オーミネ at 08:21| Comment(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

CG318-4K、買っちゃいました

CG318-4K、買っちゃいました その1
買っちゃった。

突然だけどCG318-4K買っちゃった。
なんか、酔った勢いでエイヤッとポチッてしまったらしいけどあっという間に到着、すぐさま実践に投入・・・してみたらこれがま〜〜〜〜凄い。

何が凄いのか・・・色の再現性が凄いのは当然として解像度が想像以上に凄かった。

詳しいレビューなんかは後で別記事、もしくはyoutube動画で配信できればとは思うんだけど全てが小さ過ぎる! 普段は置かれた環境にすぐ慣れてしまう僕ですら「これは使いづらい」と思ってしまうほどの高解像度。PhotoshopやらIllustratorなんかの各種ウィンドウなんかあるのかないのか分からないくらい小さくなってしまう。


CG318-4K、買っちゃいました その2
Audiotionの操作画面+ブラウザウィンドウ。もう訳が分からないくらいミニマム。

本来はHiDPIモード(MacでいうところのRetina)にでもしてWQXGAライクに使ったりするんだろうけどそれじゃあ作業面積減っちゃうでしょってネイティブ解像度で使ってたらとにかく凄い、ちょっと酔っぱらっちゃうとほんとに文字が読めない。


そんなこんなでPegasus R6 18TBに12コアMac Pro、そして今回のCG318-4Kが来たっていうミラクルな制作環境を構築できてしまった。稼がないとペイできない、稼がないと飢え死にだってんでさあ稼がねば!
posted by オーミネ at 20:45| Comment(0) | ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。