2015年09月18日

Sony DSC-RX10Uレビューその3【S-Log2+DaVinci Resolve】



ちょっと遅くなったけどポッドキャスト本編で喋っていたRXM2のS-Log2、それをBlackmagicからリリースされたばかりのDaVinci Resolve12でカラコレ・カラーグレーディングしたらこんなに凄い映像ができるよっていう動画を配信開始。


Sony DSC-RX10Uレビューその3 その1
S-Log2で撮影したオリジナル映像。「こりゃ〜薄過ぎだろ〜、もうほとんどモノクロだよ〜」とか思ってた。

撮影に使用したカメラはもう何度も話しているソニーのDSC-RX10M2、コイツの通常モードでの画質のヒドさはポッドキャストでも話しまくったしyoutube動画を観てもらってもすぐに分かってもらえると思う。

まず通常モードの何が問題かって色がヘン。これまで確認した限りではブルーの発色が全然ダメでこれをカラコレで何とかしてって頼まれたら断るレベル。ソニーのビデオカメラってなんか色の再現性がよろしくない印象、その点キヤノンは結構優秀なのかも。
んでその次に全般的にハイライトが飛び過ぎ。5D MK3と同じ設定(ISO感度/露出/SS)でもとにかく飛ぶからこれまた全然よろしくない。

とまあ散々書いてきたけどS-Log2は別物でとにかく素晴らしい。色は正確だわダイナミックレンジは驚異的に広いわ(さすがは1300%!!)で薄〜〜〜い画がここまで変わってしまう。


Sony DSC-RX10Uレビューその3 その2
DaVinci Resolveで編集中。こちらはオリジナル、とにかく薄い。

まずはノードを加えてない状態(=手を加えていないオリジナル)。もちろん薄い。


Sony DSC-RX10Uレビューその3 その3
ノード1つ目。まずは全体の色味(プライマリ)を調整。この時点でデフォルト設定より遥かにイイ!!

まずはプライマリの色味をささっと調整(+軽いシャープネス)。シャドウとミッドをググッと下げてハイライトはちょっとだけ下げてある。


Sony DSC-RX10Uレビューその3 その4
ノード2つ目。ボケを追加して奥行きを加えるついでにそこの明度を下げてコントラストを調整。

2つ目のノードでは「ウインドウ」で範囲選択してボケと明度の調整。カメラに動きのない映像だとこの手法は簡単に利用できてオススメ。動きがあるとトラッキングとかしないといけなくなったりするからね。


Sony DSC-RX10Uレビューその3 その5
ノード3つ目。画面真ん中にシャープネスを追加。

3つ目。奥行きを表すためのボケの効果を強調するために分かりづらいけど画面の真ん中(グラウンド部分)にシャープネスを追加。


Sony DSC-RX10Uレビューその3 その6
ノード4つ目。空の色を変えたら雰囲気がガラッと変わった。

ノード4つ目。空の色味をグリーン寄りにシフトさせたら印象がガラリと変わった。ここで注目すべきなのは空の階調が全く破綻もせずにきちんとシフトしていること。5D MK3ではデータがチープ過ぎてこれができなかった。ここらへんはカメラ本体の性能がどうとかS-Log2がどうこうというよりも、どちらかというとXAVC Sの懐の深さが影響しているんじゃないかと思う。


Sony DSC-RX10Uレビューその3 その7
ノード5つ目。植物の色味を鮮やかに。

ノード5つ目。植物の色味を鮮やかに変更。こうやってみると何だかミニチュア的なルックになってきて色々面白い。だから色々試しちゃうけどすぐ破綻することもなくしっかりと粘ってくれるあたり本当に凄いカメラ・フォーマット・アプリだなあと関心させられる。


Sony DSC-RX10Uレビューその3 その8
ノード6つ目。最後は映像に空気感を加えるためにところどころ明度を調整して完成。

いよいよ最後のノード6つ目。映像に空気感を加えるためにウインドウ機能を使っていくつかを選択・明度調整して完成。現実的ではないかもしれないけど光を感じられる画になったんじゃないかと自画自賛。こんな抜けが良くてクリーンな映像に仕上げることは5D MK3では難しいと思う(自分はできない)。


こんなカンジで簡単にここまで凄い映像が作り出せる時代になったんだなあと感動。このリッチな映像が誰でも買えるカメラと無償のアプリだけで出来るなんていやホント凄いよ、5D MK3から一気にジャンプアップした感じ。映像制作を趣味でもいいからやってみたいなんていう人には是非お勧めしたい組み合わせだねえ。

最後になるけど、RX10M2のダイナミックレンジっていったいいくつなのかが分からないので調べたらこんなのを発見。なるほど12.6か・・・出来上がった映像ほどではない印象だけどそれでも5D MK3よりは大分良さげなんで良しとしておこう。





youtube版の番組登録はコチラから
posted by オーミネ at 09:13| Comment(2) | youtube版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分は中学3年生で映像制作に興味があります。使っている一眼レフの足のマイクだとあなたは笑ってしまうぐらい残念なものなのでマイクの購入を検討していますそこでpodcastで音についての配信を聞かしていただいたところいいマイクはわかったのですがどうしても学生なので未満円となると手が伸びませんもし外でも中でも使える1万円位の良いレコーダーとマイクがマイクがあったら教えて下さい。長文失礼しました。
Posted by なおき at 2015年09月21日 12:48
なおきくんコメントありがとう!

オススメのマイク・・・やっぱり番組中でも喋っていたZOOMのH1っていうのが1番イイかな。価格は7000円くらいだし音質も問題なし。もしピンマイクが必要になったとしても4000円くらいの安いピンマイクを買ってH1に繋げばかなりイイ音で収録できるから便利だよ。これからも番組よろしくね!
Posted by オーミネ at 2015年09月21日 14:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。