2014年07月02日

【アップデート】10.9.4リリース。それでもバグは直らない

5月にリリースされた10.9.3のお陰でMac Pro2013使用下におけるDaVinci ResolveとPremiereを見事に使用不能にしてくれたアップルさんが焦ったのかどうかはしらないけどその次のアップデートである10.9.4を先日リリースしてきた。

web上でのニュースによればベータ版の段階でグラフィック関連の問題に関する項目もあったから10.9.4を導入すれば僕のResolveもPremiereもようやく使えるのねとか思ってたら入れても症状全く変わらない。というかApp Storeのアップデート情報にはグラフィックに関する情報が一切書かれていないあたり優先順位の高いものから修正し、後からMac Pro2013専用のマイナーアップデート(もしくはグラフィックスドライバ)をリリースしようってことなのか。

今回の件を色々検索して情報を探してみたんだけど僕と同じようなことを考えている人の情報がないばかりか「10.9.4でPremiere、Media Encorderでの問題は解決されている」といった旨の情報が出てくるじゃないか・・・おいおいあんたPremiere持ってるのかよと言いたいしMedia Encorderの問題ってナニ?スジが出るとかいうアレかな、でもAfter Effectsでレンダリングした映像素材にはそんなの出たことないしよく分からないな。

そして、当然というかなんというかDaVinci Resolveも使えないまま・・・現在ver11がベータ版としてリリースされていてそれならひょっとすると使用できるのかもしれないけどわざわざベータ版なんてインストールしたくない。


結局イライラは募るばかりなのでした・・・。


PS.ついでに先日リリースされたAdobe Creative Cloud 2014のAfter EffectsでVideo CopilotのOptical FlaresでナゼかGPUがサポート外になっている(プラグインの「情報」をクリックすると表示される)んだけど、これはプラグイン側の問題なんだろうか・・・CCの時はちゃんとサポートされてたのに・・・色々不安要素が多いなあ。


posted by オーミネ at 10:41| Comment(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。