2014年02月05日

「コノマチイイネ」にて大久保 羽純さんを紹介させてもらった



先月末あたりに配信したKAWAGUCHI MAX TVことかわてれびでの1コーナーである「コノマチイイネ」でサニードッグトレーニングパートナーの代表でありドッグトレーナーでもある大久保 羽純(おおくぼ はずみ)さんを紹介させてもらった。

内容については上に貼ってある動画を観ていただきたいんだけど、本ブログ的な話をさせてもらうと今回この映像を制作するにあたりDaVinci Resolve 10を使用して色を調整している。
まだFinal Cut Pro XやらPremiere、はたまたAfter Effectsを厳密に比べたワケじゃないのであくまでも印象として書かせてもらうと、少なくともResolveはFCPXの色補正と比べると(僕にとっては)ずっと使いやすい上にキレイにメリハリのある色に仕上げることができるツールだと思った。

簡単なレビューとFCPXとの比較は以前アップしたyoutube動画を観ていただくとして、FCPXで単純に中間調の明度を上げるのとResolveのそれでは結果は随分違う。もちろんまったく同じパラメーターをいじっているワケではないのである程度結果が違ってしまうのは当然っちゃあ当然なんだけど、Resolveで中間調を上げると白ウキせずにきっちり彩度を保ったまま明るくできることにまず感動した。

今まで、FCPXで色補正をすると必ずその白ウキ問題にぶつかり、試行錯誤はするものの早い段階で妥協して〜といったことが多々あったんだけどなんだろう、Resolveは粘るっていうカンジなのかな。
今回は初めてということもあったんで中間調を上げるということだけに集中してみたけど、テキトーに触っているカンジだとその他の色補正ツールも好印象っぽい。

ただ、Resolve自体が非常に重いツールで起動しただけでメモリを4GBも喰っていたり、ちょっとした色補正をするのにもうんざりするほど重くまともに動かないのは何とかならないかなとは思う。
レンダリングしたりなんかしたらOSがフリーズしたのかと思うほど全てが重くなってしまったりもするし・・・Mac Proを使えば全て解決されるんだろうか、ちょっと興味が沸いてきた。


posted by オーミネ at 17:53| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。