2011年05月11日

BlenderとAfter Effectsの連携

blender.jpg

Blenderで延々テストしてました。

上にある画像のような街並みっぽいものを作っていて思ったんですが、今回のバージョンはこれまでのものよりも全般的に使い勝手が良くなっているような気がしました。
以前のバージョンを使っていたら今回の画像のようなショボイものでもちょっとしたストレスを感じていましたがそれが全くなく、むしろ楽しいくらいだったので。

懸念していたショートカットも慣れたらそれほど問題にはならなさそうです。
ただし、一つ気になることがありました。

それは「Illustratorとの連携が出来なくなっている(かもしれない)」ということ。

以前はEPSファイルを読み込んでそのパスデータを掃引で厚みをつけて〜といったようなことが出来たと思うんですが、最新バージョンではインポートメニュー項目の中にそのEPSが見当たりません。
Illustratorのようにスーパー簡単で強力なクリエイティブツールが補助的にしろ使えないとなるとヘッポコな僕としては痛手です。

もし本当に連携出来ないようであればなるべく早い改善を希望します。

あっ、そういえばPhotoshopに3Dレイヤーで持っていこうとしたら形状が変に丸みを帯びてしまったりサイズが極端に小さくなってしまったりして読み込めませんでした。
ってことはAfter Effectsに3Dデータを読みこんでグリグリ動かすってことも出来ないんですかね!?


posted by オーミネ at 23:32| Comment(0) | 3DCG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。